批評家は決まって病んでいる。文学を壊すことで食っている文学者だからね。